沿革

昭和2年5月
前社長 故福西佐嗣が大阪市南区において、福西商店として個人企業を設立。
昭和28年4月
福西鋳物株式会社に組織変更。
昭和37年8月
福西式完全防水防臭型マンホールカバー(回転ロック)を発売開始。
内水圧98.0kPa(1kgf/cm2)の性能を有し、反響を得る。
昭和38年4月
大阪国際見本市に福西式完全防水防臭型回転ロック方式マンホールカバーを出展。
昭和39年4月
東京国際見本市に出展。
大阪会場と同様に福西式マンホールカバーが好評を博した。
昭和39年7月
関東地区の販売拠点として、東京営業所を開設。
昭和42年5月
販売量増加に伴い、四日市工場を新設し、生産体制の充実を図る。
昭和45年4月
中部地区の販売拠点として、中部営業所を開設。
昭和47年12月
最新鋭鋳造機械を導入し、四日市工場を拡張。現在の製造体制の基礎を成す。
平成3年7月
四日市工場に、大型静圧造型ラインを導入。
平成3年12月
球状黒鉛鋳鉄品のJIS表示認定工場となる。
平成6年3月
代表取締役社長に中森英夫が就任。
平成10年8月
自硬性ラインを大幅改築し、生産性アップを図る。
平成10年11月
(社)日本下水道協会認定工場となる。
平成11年7月
四日市工場に於いてISO9002の認証取得。
平成12年8月
全社でISO9001の認証取得。
平成13年3月
四日市工場が、日本水道協会検査工場となる。
平成14年2月
ISO9001の2000年版への移行が完了。
平成16年4月
一般建設業許可を、大阪府にて取得。
平成19年5月
会社創立80周年をむかえ、記念式典を開催。
平成21年4月
日本工業規格JIS G 5502の認証を取得。
平成24年6月
中森英行が、代表取締役社長に就任。

このページのトップへ